ネットで年賀状を安く送るための方法とその考え方について

年賀状と言えば最近は自分で作成するのが主流になってきてますよね。そこで私もチャレンジ!

とはいえ、一から作成はハードルがたかいので、郵便局の無料年賀状アプリをダウウンロードしてチャレンジしてみました。表書きはせめて手書きで・・と思っているので、こちらは利用しませんでした。縦書き横書きを選択したのちイラストや言葉を選択、種類も豊富で組み合わせかた次第でオリジナル感は、ばっちりだと思います。ただ自分の名前などを裏に記入するのは無かったので自分で頭をひねりながら作成です。これが字体選択やサイズ変更方法がいまいちわかりずらくて、何度も全消し作業をする羽目になってしまい結構時間を使いました(パソコン操作に不慣れなせいかもしれませんね)やっと出来上がったイラスト面を印刷する時にまたまた失敗しました。丁寧に「サイズ確認をして印刷に進んでください」と出てるのですが、その方法がよくわからなくて・・そのまま印刷 結果はもちろん悲惨(大きすぎてイラスト半分も入りませんでした)さあそこからサイズ変更方法を探すのも大変取り敢えずチャレンジあるのみで変更してみては印刷・変更・印刷を5枚ほど繰り返してやっとの思い出印刷成功です。ただどうしても縁無し印刷ができませんでした。(年賀状としては通用するので妥協しました)そして失敗はこれで終わりではありません。

実は、一気に印刷できればよかったのですが、一部を印刷して作業を中断しなくてはいけなくて、中断後の再開でやってしまいます。今度はサイズ変更はちゃんとできたのに年賀状の縦・横印刷方向を間違うという初歩的ミスです。それも10枚印字指定をしていて・・・(泣)結果15枚も失敗です。そうなると年賀状自体が足りなくなります。買い足そうにも年賀状印刷をしている日時が12月28日夜なんです。29日朝買い足しに行くにしても(簡易郵便局か年賀状を委託販売している店舗)帰って印刷&表書きをしてポストへ投函もしなければいけません。そう、私の失敗した年賀状作成は、作成が遅すぎる事!!これが第一ですね。そして購入枚数が少なすぎたこと、作成期間にも余裕がなかったことですね。反省てんばかりの年賀状作成でした。ただ救いは出来上がった年賀状は自己満足度90%で、送り先の方々にも好評だったことです。(来年もオリジナルを楽しみにしているよと言ってくださった方もいたくらいです)失敗はしましたが来年も頑張ってチャレンジしたいと思っています。

私は30代前半の女性ですが、年賀状を出す出さないや、年賀状のデザインをどうするかという問題においては、女性の場合は特に「属性に左右されるところが大きいのかな!?」とここ数年感じています。
年賀状を出す出さないは、既婚か未婚かに左右され、年賀状のデザインは子持ちかそうでないかに左右される...そんな風に感じているのです。

年賀状を出す出さないの問題については、もちろん、既婚未婚に関係なく、マメな性格の人なら出しますよね。
でも、そうではない場合、こけ数年ずっと年賀状を出してこなかったけれど、結婚した年に、親戚や結婚式に出席してくれた友人達に、久しぶりに年賀状を出し、その流れで、それ以降も出し続けているという人も意外と多いのではないでしょうか?
少なくとも、私の周りの友人には、私も含め、そのタイプの人がかなり多いです。

そして、年賀状のデザインについては、やはり、子どもが産まれたら、子どもの写真を年賀状に使う人が圧倒的に多いように感じています。
最近では、「不妊に悩んでいる人に配慮し、子どもの写真は年賀状に載せるべきではない。」という議論もネット上等でよく見かけるようになりましたが、それでも依然として、年賀状に子どもの写真を載せる人はとても多い気がします。
多分、子どもの年齢がある程度大きくなれば減ってくるのでしょうが、私の周りは、世代的にも、今まさに小さな子どもを育てている家庭が多いので、子どものいる人からの年賀状には、必ずと言って良いほど、子どもの写真が付いてきます。

そして、そんな私自身も、子どもがなかなか授からずに悩んでいた頃には、正直、「子どもの写真入りの年賀状を見るのが辛い。なんで、子持ちの人は皆、年賀状に子どもの写真を入れるの〜?」なんて思っていたりもしたのですが、いざ自分に子どもが産まれると、結局、自分も子どもの写真入りの年賀状を出してしまっています。
それは、「子どもが可愛くて〜。」という理由からではなく、子どもの写真を楽しみにしているじいじ・ばあばやその他親戚のためです。

参考になったのが年賀状やすいさんです。こちらのサイトに書かれていた情報をもとに年賀状を探したら昨年よりも数千円年賀状を安く送ることができました。

納期がびっくりするほど早く、値段も安いのでネットスクエアを選びました。
はっきり言って自分でパソコンで、悩みながら作るより格安!
デザインは均一価格で、値段の設定がわかりやすいのがいいですね。
他のところだと、デザインによって価格が変わってくるところが多く、気付くと高額になっていたなんて経験もありますから..。
出典:年賀状安いネット印刷おすすめランキング2018|年賀はがき.jp

このように、年賀状を安く送るのであれば利用をしない手は絶対にないのです。

じいじ・ばあばや親戚には、子どもの写真入りの年賀状を送らなければならない。でも、数枚だけ別デザインの年賀状を発注するには、手間やお金が...という理由で、全ての年賀状に子どもの写真を入れています。

ちなみに、私は極度の親バカなので、もちろん、自分の子どもはとても可愛いです!
しかし、その可愛さを、わざわざ他の人に見せつける必要はないと思っています。(行動とは矛盾していますが...。)

色々と書いてしまいましたが、なんだかんだ言って、毎年、届いた年賀状を見るのがとても楽しみです。