印象に残っている年賀状!記憶に残りやすい年賀状とは

年賀状というのは、ゆったりとした気分で見るせいか、日頃の郵便物より記憶に残りやすい気がします。そして、何かふとした瞬間に思い出すことがあります。よく思い出すものの一つが、学生時代にもらったコーヒーで染めてある茶色の年賀状です。ぱっと見が、20年位前の古びて色褪せたハガキのようでした。たまにありますよね、随分前に投函されたハガキがある日突然配達されるという不思議なニュース。そういう気分にさせてくれる、凝りに凝った年賀状。年末に一枚ずつコーヒー液につけて製作してくれたそうで、「いつのハガキかと思ったよ~」と言ったら、すごく嬉しそうでした。
次に、スーパーで○○軒のシュウマイ売場の前でいつも思い出す年賀状があります。ここのシュウマイがもらえる券付きの年賀状、一度頂いたことがあるんです。宛名面の下の方にシュウマイの写真が印刷されていて、”1パックプレゼント”と記してありました。喜びながらも、本当かな?とも思いました。こんな年賀状は見たことがなかったもので。その年賀状をバッグに入れていながらも、しばらく引き換えられませんでした。そして、有効期限が迫ってきて、駅中の○○軒のシュウマイのお店で恐る恐る「あの~、これなんですが」とその年賀状を出しました。「大丈夫ですよ~」と笑顔が返ってきてほっとしました。お金を払わずにシュウマイをもらう...なんか変な気分でしたが、その日の晩においしく頂きました。
そして、食べ物に関する年賀状の思い出がもう一つ。小樽に旅行に行った際に寄った有名なお寿司屋さんで、帰る時にノートに名前を書いたことから年賀状をもらいました。夫が先に名前を書き、私はそこに苗字無しで下の名前だけ書きました。でも、届いた年賀状には私の名前がが中心にド~ンと大きく書いてあり、夫の名前は豆粒みたいに横に小さく添えてあったんです。私は別になんとも思いませんでしたが、夫は「なんだよこれ!」と何度も宛名面ばかり気にしてムッとしていました。小樽のお寿司の特徴は、握りのセットに卵が無いんです。江戸前の握りでは卵は必ずありますよね。ですから、ちょっと色が地味に思えたんですが、北海道なので卵に頼らずとも素材には困らない感じでした。
コーヒーにシュウマイにお寿司のお店に...食べ物関連の年賀状の記憶ばかりでしたが、すごくシンプルでしょっちゅう思い出す年賀状があります。古い友人から数年前にもらった「生きてる?こっちはどうにか生きてる」という年賀状。一行でしたが、行間にたくさんの気持ちを感じました。元気過ぎない年賀状も良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です